それぞれの役割

家事代行サービスとハウスクリーニング。

どことなくこの2つは似ており、どこが違うのかよくわからないという人もいるのではないでしょうか。

どちらも、家事を手伝ってくれることは間違いありません。

ただ家事代行サービスの業務が家事全般であるのに対し、ハウスクリーニングの場合は掃除が専門となります。

これだけ聞くとハウスクリーニングの方にあまりメリットがないようにも思いますが、そんなことはありません。

掃除に特化をしていますので、家事全般を行っている家事代行サービスよりも掃除のクオリティに関しては優れていると言えます。

そのためハウスクリーニングは、一般家庭だけではなく業者に利用をされることも多々あります。

例えば長年営業している飲食店では、キッチンにどうしても取れない油汚れが付いている場合もあります。

そんな普通では取れないようなしつこい油汚れも、ハウスクリーニングに依頼をすれば綺麗に取り除いてくれます。

このように、家事代行サービスとハウスクリーニングは使い分けることが可能です。

219c432ff40622244ed8d60bebc77f51_s

 

家事全般のプロ

掃除に特化しているハウスクリーニングと違い、家事と言える事柄のありとあらゆることに対応をしている家事代行サービス。

代表的な家事は炊事・洗濯・掃除と思いますが、それだけではありません。

新聞や荷物の受取。

買い物。布団干し。病院の付き添い。

このような事も、家事代行サービスでは行われています。

もちろん、家事代行サービスを利用する際には必ずしもその全てを依頼しなくてはいけないというわけではありません。

料理だけや掃除だけなど、必要としている家事だけを依頼することが可能です。

そのような利便性も、家事代行サービスの特長と言えるでしょう。

共働きや高齢化社会もあって、今後も成長を続けていくと予想されるサービスです。

現状は利用料も高額と言えますし、富裕層でも無い限りは毎日のように利用することは出来ないかもしれません。

しかし週に1度、月に1度来てくれるだけでも大変助かるという人は多いのではないでしょうか。

旅行や入院の際など、スポット的に活用をすることも出来ます。